毎日の点灯式

前の記事 | 次の記事

11月30日(土)

いよいよ始まりました!
2019はこだてクリスマスファンタジーの幕開け
「オープニングセレモニー」です。

JALベルスターの皆さんによるミュージックベルの清らかな音色で、ツリー点灯への期待が高まります。

本日の点灯者は、
在日カナダ大使 ナディア・ブルジェー 主席公使
函館市の工藤 壽樹 市長
函館商工会議所 久保 俊幸 会頭
佐々木 徹 渡島総合振興局長
クリスマスファンタジー実行委員会 柳沢 政人 実行委員長
の5名です。

会場の皆さんとカウントダウン。
「メリークリスマス」の合図とともにツリーが点灯し、花火が打ち上がりました。

今年はハリケーンドリアンの影響で北海道産の樹木となりましたが、カナダと函館市の友好イベントととして駆けつけてくださった、在日カナダ大使のナディア・ブルジェー主席公使。

はこだてクリスマスファンタジーの柳沢実行委員長は、イベントへの想いやクラウドファンディングなどでご支援いただいた皆様へ感謝の意を伝えられました。
尚、クラウドファンディングは12月16日まで受け付けております。
詳しくは、https://www.makuake.com/project/hakodatexmas/ へ。
皆様のご支援をお待ちしております。

インタビュー終了後は、
北海道発!次世代型オールラウンダー『White Explosion(ホワイトエクスプロージョン)』通称ホワエクによるライブステージ。
爽やかな歌声とダンスで会場を魅了しました。
はこだてクリスマスファンタジーは、始まったばかり!
皆様のご来場をお待ちしております。

前の記事| 次の記事

ページのトップへ